スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。





力を持っている人間が

弱い者をいじめるとか、

弱い者から奪取するとか、

壊すとかいうのが、

オレはすごく嫌いだ。




強いか弱いかってのは、

肉体的なものも

精神的なものも、

生まれや、育った環境によって

ある程度は決まってしまうのが事実。




「頑張れよ」

って言ったって、

頑張れない人だっているんだよ。





「強くなれ」

って言ったって、

強くなれない人だっているんだよ。




自然界は、

そういう者には死を与えるのだろう。

それが節理ってものなのかもしれない。




でも人に生まれたなら、

弱い者たちを、

強い者たちが守ることだってできるじゃないか。




自分の欲や見栄のために、

弱い者を犠牲にする必要がどこにある。




そんなものは、死んでしまったら全て無くなるというのに。





なぜ、人は縛られるのか。





なぜ、人は優しくなれないのか。





Comment

No title

広島にいったときに
すごくそう感じた。

国というくくりは
金という紙切れは
命よりも大切なものなのか?

大切なものを
見失わない人間になりたい。







No title

そういう力を持っている人は強くないから、弱い者から奪うしかできないんだと思う。
そういう生き方しかできないんだよ。

そういう人達をいい方向に導く力が欲しいよねー
非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。