スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

素敵な人たちに会いました。





11月11日。

震災から8カ月。

オレは、素敵な人たちに会いました。

再会も、しました。



石巻ボランティアセンター。

オレらがやっていた瓦礫の撤去と泥だしを統括してくれていたあべさん。

社会福祉協議会の職員の方。



震災直後、何もわからずに石巻にいたオレたちに、色々教えてくれた人。

瓦礫の間をぬって颯爽とバイクで現れて。

うわっ、こんな人いるのか!!

と驚いた。

そんなあべさんに憧れて、向こうでバイクを買ったりしたのです。

あべさんは、バイクに跨って、一日中現場を見回っていました。

現場を把握しないと、正確な判断が出来ないからと。

そして何回もオレらに言いました。

「危ないことはするなよ。」

と。

そして決まって、

「ボランティアの方々が安全に作業できるようにすることが、

私たち社会福祉協議会の務めです。」

と。

そんなあべさんが、突然東京に来ました。

青年東北支援隊で一緒にやってたみんな、誘えなくてごめん。

急な話だったので、今度また誘います。

あの頃は、泥だらけのカッパと長靴だったのに、なんとスーツで登場!

それだけでテンションが上がったのに、

一緒に飲めるなんて、本当に光栄でした。





そしてJENのふたむらさん。

彼も最初のころからお世話になっていました。

オレらの機材が足りないときに、快く貸してくれた人。

ボランティアの安全のために、

鉄製の中敷きを集めてくれた人。

そんな彼も、スーツで登場。

聞くと、なんと英語とポルトガル語を操るエリート!

そんな人も、向こうでは目の下にいつもくまを作りながら、

泥だらけで作業していました。



泥だらけの作業着を脱いで、

津波の不安の外で、

あの時の仲間たちと酒を酌み交わす。



こんなに嬉しいことがあるかと。




そして石巻でもかなり大きなNPOだった「め組JAPAN」のスタッフであるさっちん。

いろんな人から、

「め組に面白い女の子がいるから、ヒロ、ぜひ会ってくれ!」

と紹介されながら、なかなか向こうでは会えなかった人。

と、この機会にやっと会えた。

よく聞いてみると、彼女がめ組の事務局長をやっていたとのこと。

あんなにでかい組織を動かしていたのが、

オレとおない歳の女の子。

震災後、一番最初のボランティアとして現地に入り、

たくさんの、本当にたくさんのボランティア受け入れの環境を整え、

災害対策本部から日本で初めてボランティアの発言権を獲得した人(←ちなみにこれはかなりすごい)。

この人のおかげで、オレらは向こうで思いっきり動けたみたい。

天真爛漫で、全然そんな感じに見えないんだけど、

オレはもう本当にびっくりしちまった。




こういう色んな人たちの影の努力があって、

こんなに早く復興が進んでいることを知った。

もう、誰にありがとうを言っていいかわかんない。

みんなに、ありがとうだね、うん。




さっちんに聞いた話。

今回の震災復興で各リーダーとして活躍してる人たちは、

実は20代のときに繋がっていた仲間同士だったんだって。





「オレらがこれからの日本を創るんだ」

と約束しあった20代の若者たちが、

それぞれに違う分野で実力をつけて40代へ。

そしてこの震災を機にもう一度手をつなぎ、

復興に携わっている。




「東北の子供たちは、これからぐんぐん伸びていくだろうね。

だって、向こうで、ヒーローを見たんだもん。」




自衛隊

レスキュー隊

ボランティア




間違いなく、震災後の彼らはヒーローだった。

そしてその背中を、

現地の子供たちは、

自分の目で見たんだ。




嫌なニュースがたくさん流れて、

ときどき、なんでこんなにくだらないんだ、

と思うこともあるけれど、

そんなことなんて吹っ飛ばす勢いで、

頑張ってる人達が、

生きてる人達が、

たくさんいることを知った。



さあ、オレ達も、

色々な人と会って、

たくさんの事を聞き、

がつがつ勉強しよう!!!




これから伸びていくだろう、

東北の子供たちに負けないように!




Comment

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。